技術概要

AIによるCT金属アーチファクト低減技術

CT撮像領域内の金属等に起因する放射状のアーチファクトは、手術、診断および放射線治療の円滑な計画立案を大きく阻害しています。当社は、深層学習技術の1つであるGAN(敵対的生成ネットワーク)と呼ばれる技術を応用し、3D-CTに対し従来手法と全く異なる金属アーチファクトの低減技術を開発しました(出願済)。

修正作業を大きく軽減

口腔CTに多く含まれる金属アーチファクトは、CT装置に低減機能がない場合や低減が不十分な場合、数十分から1時間程度掛けて手作業で除去することが一般的です。本技術はAIが自動でアーチファクト部を認識して自動修正します。骨組織の乱れだけでなく、軟組織の補填も行えます。

単独導入、市販PCで実行可能

本技術はCTデータのみで低減演算が行えるため、CT装置のない施設や組織でも単独サービスまたは製品として提供できる上、学習済みAIモデルは廉価な市販ゲーム用PCを用いても、3D-CTデータに対して約30秒~1分程度で低減演算が完了します。医療機関のみでなく、修正作業に同様な悩みを持つ3D造形サービスの企業様もご利用いただけます。

研究発表

■京都大学等との共同研究成果をarXivへ公開
本低減技術について、処理結果精度に対する客観評価、および専門医による主観評価の研究結果のプレプリントを、京都大学および奈良県立医科大学、洛和会音羽病院と共同で公開しました。
複数専門医による主観評価およびシミュレーション画像による客観評価において、本技術の複雑なアーチファクトに対する低減性能の高さを証明しています。

M. Nakao, K. Imanishi, N. Ueda, Y. Imai, T. Kirita, T. Matsuda, Three-dimensional Generative Adversarial Nets for Unsupervised Metal Artifact Reduction, arXiv, 2019.
https://arxiv.org/abs/1911.08105

クラウドサービス

クラウドサービス試験販売開始

本技術をクラウドサービスとして、試験販売を開始します。低減処理にGPUクラウドを利用し、造形・教育・研究分野等非医療用途向けに、専用ソフトウェア経由で提供される予定です。今後は数回の試験販売および改良を経て、適正価格に設定した上で正式なサービス開始を予定しています。

  • 頭頸部のCTデータに対し、処理対象範囲を数クリックで指定するのみ
  • AIによる低減処理時間は症例あたりの1分程度(※一般的なブロードバンド回線の場合)
  • 一般的なビジネス用途のWindows PC端末で利用可能
  • 処理結果を他のソフトウェアで利用可能(DICOM形式による出力)
試験販売期間 2020年2月中旬~3月末
(※2月10日よりオンライン申込受付開始)
募集ユーザ数 10~15施設程度
試験販売料金(税別) サービス利用設定手数料:無料
基本料:月額15,000円 / 従量料金:150円/断面
※ただし、顧客ごとに150断面(約10症例)までは従量料金を課金しない
動作環境および仕様概要 OS: Windows 10 (64bit) / CPU Memory: Intel Core i3 3.0 GHz以上 / 8GB以上 / グラフィックス:Intel Graphics 4000以降(推奨 NVIDIA GeForce GTX400シリーズ以降) / ストレージ: 128GB以上
入力データ規格 DICOM規格 / 対応CT画像 非圧縮/Jpeg Lossless形式/Jpeg 2000形式
低減対象データ: 頭頸部医科用人体CTデータ(※ファントムデータなどは処理不可)
利用方法 当社製ソフトウェア「Growth RTV Cloud」をインストール後、クラウドGPUリソースと連携して低減処理を行います。

■メディカルジャパン(大阪展)への出展のお知らせ

2020年2月26日~28日にかけて開催される「メディカルジャパン 大阪展」(インテックス大阪、5号館、関西バイオクラスターブース、No.12-16)に出展いたします。
当社ブースでは、本技術によるデモ、および本技術を開発した3D医用画像AI開発支援ツール「Growth RTV」の展示を行います。

メディカルジャパン(大阪展)公式サイト
https://www.medical-jpn.jp/ja-jp.html

試験クラウドサービスへの利用申込・お問い合わせ

下記事項を記入後、プライバシーポリシーをご確認および承認の上、送信ボタンを押してください。
お申込み内容を確認の上、ご記入のメールアドレスへ担当者より返信させていただきます。

お名前*
所属機関*
役職
電話番号
メールアドレス*
メールアドレス再入力(確認)*
申し込み内容*
処理症例数見込み*
備考(お問合せやその他ご要望の場合はご記入ください)

Return to Top ▲Return to Top ▲